<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

<< 【レーシック手術後1年+234日】コンタクトをすぐやめた! | main | 神戸クリニックの無料説明会:2007年12月後半 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【レーシック手術後1年+237日】自転車での夜道の走行は視力が大切

弓道クラブの道場までは、家から自転車で15分程度ですが、夜の練習のためにとても暗い通りを走りぬける必要があります。

今は、裸眼視力で2.0がバッチリ見えますし、レーシックの合併症といわれている「夜間の光のにじみやまぶしさ」がまったくといっていいほど無いので、夜もとても快適に遠くまで見えています。

夜に自転車で走行していて思い出すのが高校のときのこと。メガネは持っていたのですが、日によってはかけていないこともあり、川沿いの道を走っているときに「あと、10センチくらいで、2メートル下の川に落ちていた!」という経験をしました。ギリギリで気づいて急ハンドルをきって回避しましたが、もし落ちていたら大怪我は必至でしょうね。

あのときに、「あぁ、視力が悪いのは、危ない・・・」と実感したのでした。その後は、暗くなったら確実にメガネをかけるようにしていましたし、その1年後にはコンタクト生活になり、何とかつねに視力は矯正している状態になりました。

そして、今は視力回復手術レーシックで超・快適な毎日。

視力が良い・悪いというのは、ただ単に見える・見えないの問題だけではなくて、自分の身を守るための大切な要素です。ここ最近の自転車でのお出かけで、あらためて感じたのでした。
いっしー * レーシック手術後1年以降 * 23:09 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:09 * - * -
このページの先頭へ