<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

<< コンタクトレンズ診療所に関するニュース | main | 【レーシック手術後1年+234日】コンタクトをすぐやめた! >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

コンタクトレンズが原因で角膜の病気が起こりえる

昨日書いた「コンタクトレンズ診療所」についてのニュースと合わせて、コンタクトレンズの誤った使い方によって起こる角膜の病気(角膜潰瘍)についても詳しく触れているニュースがありました。

たとえば、2週間装用のソフトコンタクトレンズを、「まだ使えるからいいや」と1ヶ月やそれ以上使ってしまったり、連続装用タイプでないレンズなのに外さず何日も装用したままにしたり。また、清潔でない手でレンズの取り外しをしたり毎日の洗浄を怠ったり・・・。

コンタクトを使っている人は、誰もが一度はしてしまうことだと思います。僕も、装用期間を過ぎても少しだけ使い続けたことがありますし、つけたまま眠ってしまって眼球に貼りつくような思いをしたこともあります。たまたま、悪い病気にならなかっただけで、僕にもじゅうぶんなリスクがあったといえるでしょう。

角膜かいようというと、目の病気の中では重度であると言われています。視力が不安定になったり、最悪の場合は失明の可能性すらあるとのこと。コンタクトレンズを何気なく適当に扱っていただけで、人によっては失明に近い状態にまでなってしまうことがあるようですね。

このニュースを見て、あらためてコンタクトレンズの危険性と、自分がそうならなくて良かったという運のよさを感じました。そして、やはり裸眼生活でいることの快適さや安全性、そして僕が受けたような視力回復手術レーシック(LASIK)の需要も、また高まってくるのだろうという予感がします。

病気のリスクだけでなく、コストの面でも「コンタクトレンズとレーシックどちらがお得?」という記事からもレーシックのほうが将来的にはメリットがありますし、何より裸眼でいられることは一度体験したら幸せでたまりません。

もちろん、コンタクトレンズも正しく使ったら、とても手軽で便利な視力矯正方法です。自分にとって、どの矯正方法がメリットがあり、将来的にうまく付き合っていけるのか。今なら複数の選択肢から選んでいけるのがいいですね。

角膜潰瘍のニュースを見て、改めて思ったことを書き込みました。
いっしー * レーシックコラム * 23:51 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:51 * - * -
このページの先頭へ