<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

<< 神戸クリニックの無料説明会:2007年11月後半〜 | main | 【レーシック手術後1年+229日】適応検査をすすめる。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

視力がどれだけ悪くてもレーシックで回復する?

「かなり視力が悪いけれど、レーシックで1.5まで戻るのだろうか?」

度の強いコンタクトレンズやメガネで視力矯正している人は、視力回復手術レーシックでどこまで回復するのか、不安に思っている人も多いようです。先日会った知人も、「0.03くらいだと思うけど、手術で直るのかな?」と言っていました。

確かに、レーザー手術でほとんどの人が視力回復するといっても、元の裸眼視力があまりにも低いと、思いどおりの視力にまで回復しないのではないかと思ってしまうのは当然でしょう。

僕の場合は、手術前の裸眼視力は両眼0.07で、レーシック手術後の今は両眼2.0で安定しています。

友人のまー君は、僕よりかなり強度の近視だったのですが(具体的な視力は分かりません)、エピレーシック(EPI-LASIK)というレーシックより高度なレーザー手術を受けることで、現在は両眼とも1.0以上で安定しているようです。(詳しくは、まー君のエピレーシック体験記をお読み下さい

現在どれくらいの視力だから、手術後の視力はいくつになる・・・。というはっきりした数字は簡単には出せないと思いますが、レーシックやエピレーシック(EPI-LASIK)など、現在の目の状態に応じた矯正方法を選べば、多くの場合は希望に近い裸眼視力を取り戻せるのではないでしょうか。

「どれくらいの視力が期待できるか」「そもそも自分の目の状態はレーシックに適応しているのか」などは、やはり実際にクリニックで適応検査を受ける必要がありますね。検査までは無料でできるクリニックが多いので、どんな可能性があるか気軽にチェックしてみるのはいかがでしょう。

僕は、適応検査を受けたことで、裸眼生活を身近に感じられ、手術日が待ち遠しくなりました。レーシックへの最初の一歩ですね。
いっしー * レーシックコラム * 19:07 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:07 * - * -
このページの先頭へ