<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

<< アメリカにおけるレーシック市場の様子 | main | レーシックの価格変遷について(米国編) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

レーシックの価格変遷について(導入編)

僕が視力回復手術レーシック(LASIK)を知った頃は、日本ではまだまだ両眼50〜100万くらいする「高嶺の花」な存在だったという記憶があります。しかし今では、10万円代から気軽に手術が受けられる、手の届きやすい存在になっています。

僕がレーシックを受けることを決断したときは、両眼の手術料金20万〜30万円が多かったような気がします。もし、そのとき(と言ってもたった1年半前ですが)に、今あるような10万円代の手軽なレーシックがあったら、そこで手術を受けていただろうか・・・。あくまでも想像でしかありませんが、その可能性は僕の場合は低そうです。

もちろん、手軽な価格のレーシックが質が悪いということは無いとは思いますが、自分が無料説明会適応検査を通じて、「よし、これならここで受けよう!」と信じたところなら、多少価格は高くても、選ぶことになると思います。

目の手術という「大事」なので、ただ単に価格だけではなく、サービス・品質・フォローなど、様々な視点から判断して、「何を基準で最終的に選ぶのか」を決めていくことが大切ですね。

『基準は「価格だけじゃない」』

そんな例が、すでにレーシック先進国アメリカで具体的な数字になって現れているようです。その点については、次回の記事とさせていただきますね。
いっしー * レーシックコラム * 09:59 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 09:59 * - * -
このページの先頭へ