<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

<< 神戸クリニックの無料説明会:2007年10月後半〜11月前半 | main | 【レーシック手術後1年+210日】まだまだ知られていないレーシック >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

レーシック術後1年半振り返り(5)・・・適応検査

レーシック手術後1年半が経過した振り返り。今回は「適応検査」です。適応検査については、当時の日記に詳しく書かれていますが、あらためて振り返ってみることにします。

僕の中では、レーシック手術までのステップの中で適応検査はとても重要なポイントだと思っています。これをクリアしなければレーシックが受けられないのですから。

レーシックは5人に1人が不適合になると言われています。せっかく「レーシックを受けるぞ!」とワクワクした気持ちになっているときに、「不適合です」なんて言われると気持ちが一気にしょぼんでしまいます。だからとても緊張して検査に臨みました。

機械を使った8種類の検査を行い、そしてその後カウンセリングを受けます。

1. 角膜形状の撮影
2. 角膜内皮細胞数の測定
3. 屈折度数の測定(近視や乱視、遠視の度数を器械で測定)
4. 眼圧の測定(目の固さを器械で測定)
5. 視力検査(遠方・近方)
6. 利き目の検査
7. 瞳孔径の測定
8. 角膜厚の測定(角膜の厚さを超音波で測定)

これらの検査の結果、僕の眼はレーシックに適合しているということでしたので、ホッと胸を撫で下ろしたことを覚えています。角膜の厚さも足りていましたし、特に眼の病気は見当たりませんでした。コンタクトレンズを不衛生に使ってしまう場面もありましたが、何とか重大なトラブルとまではいかなかったようです。

聞いてみると、やはり、レーシックが不適合になるケースは、コンタクト使用の不衛生も原因のひとつとのこと。僕は8年ほどコンタクトを使っていましたが、もっと長く使っているともしかしたらレーシックに適合しなくなっていたのでは・・・と思うと怖いです。

そんなわけで、無事適応検査も終了し、2週間後の手術当日までドキドキ・ワクワクの日々を過ごすことになります。この間のメガネ生活は不便ですが、その先に裸眼生活があるので、なんてことはありません。
いっしー * レーシック手術後1年以降 * 00:19 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:19 * - * -
このページの先頭へ