<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【旅とレーシック】世界一周旅行の前にレーシックをおすすめ

僕が視力回復手術レーシックを行ったのが、2006年の3月ですので、すでに2年半以上が経過したことになります。

元々近視だったため、メガネ・コンタクトレンズを使用していた期間が長く、視力矯正手術の存在を知ってからは、「絶対、いつかはやりたい」という気持ちがありました。しかし、金銭的なもの(かつては50万円以上もした)や、大きなきっかけ・背中を押してくれるものが無く、なかなか機会はありませんでした。

その後、「今、レーシックを受けておくべきだ」と思ったのは、その先に長期間、世界一周旅行に行く予定があったからです。それ以前も、何度も海外旅行はしたことありましたが、そのたびに、使い捨てコンタクトレンズや保存液、メガネなど、いろいろと荷物が増えて手間がかかっており不便を感じていました。もし数ヶ月、世界一周旅行に行くとなると、グッズの量も多くなりますし、衛生的にも気になるところ。それならば、レーシックで近視解消を実現して裸眼で旅行に出られれば最高!と思ったわけです。

そして、今年は約3ヶ月間の世界一周旅行を無事達成しました。レーシックによってよみがえった裸眼視力は、おそらくまだ1.5〜2.0はキープしているはず。世界各地のすばらしい景色を、この自分の目で楽しむために、レーシックをしておいてよかったと何度思ったことか。文句なしで、長期の旅行前の準備のひとつとして、レーシックはおすすめしています。

とは言っても、なかなかクリニックに足が向かないという方の気持ちもとてもよく分かります。僕もそうでしたので・・・。僕がレーシックを受けた神戸クリニックですと、クリニックではなく、大都市のホテルのある宴会場のようなところで説明会が行われており、参加しやすかったです。説明会参加者は、その後の検査や手術の日程もスムーズに取れましたし、何よりレーシックについての詳しい説明や体験談が聞けるので、レーシックへの第一歩としてはおすすめです。
無料説明会

いっしー * レーシック手術後2年以降 * 18:28 * - * -
このページの先頭へ