<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【まー君のエピレーシック体験記1】レーシックに興味を持ったのは?

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.まー君は、結構メガネも似合っていて、別にレーシックや視力矯正手術なんて興味なさそうかなって思っていたんですけど、レーシックに興味を持ったきっかけは何だったの?

M.そうですね、おっしゃるとおり、メガネ生活には慣れていましたし、そこまで「裸眼で見えるようになりたい!」という強い気持ちはなかったのは事実です。

でも、いっしーが「レーシックで裸眼視力2.0になった!」というのを聞いて、「え、そんなに良くなるんだ!?」と驚いたことがすっごいインパクトありました。メガネやコンタクトに慣れてるって言っても、やっぱり近視の人にとって裸眼で見えるってのは、興味ありましたよ!

I.じゃあ、僕の影響もけっこう大きかったかな(笑)。

M.そうですね、これまで身近な人でレーシックを受けた人がほとんどいなかったのであまり実感できなかったんですけど、こうして目の前に「裸眼で見えるようになった!」という人がいると影響は大きいですね。手術も短時間でできるようだし、価格も以前と比べてずいぶんとリーズナブルになっている・・・、そんなことも大きな後押しになったと思います。とにかく、これまで無かった情報がはいってきて、一気に興味を持ったってのはありますね。

I.僕のレーシックの話を聞いて、すぐに「じゃあ受ける」って気持ちにはなった?

M.うーん、そんなに簡単にはならなかったですね。いっしーからも、生々しい手術の体験談を聞いていましたので「怖い!」「痛いのでは?」「失敗したらどうしよう・・・」「失明の心配は?」などの不安や心配はやっぱりありました。いくら安全な手術といっても、やっぱり目の手術ってことで警戒しましたね・・・。

(続く)

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 15:48 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記2】無料説明会に参加して(08/30)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.そんなまーくんが、最終的に「よし、レーシックを受けるぞ!」と決心できたのはどの瞬間だったの?

M.そうですね、いっしーに付き添ってもらって参加した、神戸クリニック無料説明会が大きかったと思います。いっしーの体験談はいろいろ聞いていたけど、実際にクリニックのスタッフの話や、その他の手術体験者の話もきけましたし、その場で「簡易検査」を受けられたのもよかったです。

I.そうだよね、あの無料説明会はまーくんもけっこう真剣な表情で参加していたよね。あの日に手術を決意できたってことだね、具体的にはどんなことが背中を押してくれたの?

M.はい。まずは、「簡易検査」ですね。実際にクリニックで説明会をしているわけではないのに、レーシックの適合・不適合をある程度分かるための検査がそこで受けられるとは思っていませんでした。角膜の厚さや、近視の度合いなど、いくつかの項目から判断してくれるのがよかったです。

右目:視:-8.75 乱:-1.0
左目:視:-9.25 乱:-1.0

角膜の厚さ
右:527
左;530

残念ながら、僕は強度の近視だから「レーシック」には適応しないかもしれないとのことだったけど、より高度な手術である「エピレーシック(EPI-LASIK)」が受けられるということがほぼ分かってホッとしました。

その場のスタッフに聞いてみたところ、「エピレーシック(EPI-LASIK)は若干痛みがありますよ〜」と言われてかなりビビッてしまったんですけど、でも、それも数日で消えるみたいですし、僕みたいな強度の近視でも視力矯正ができることが、本当にうれしかったんです。

I.なるほど、「簡易検査」は本当にいいよね。僕も今年の3月に無料説明会に参加したときは、「レーシックに適合するのだろうか」というのがすごい不安だったんだけど、角膜の厚さも近視の度合いも問題なく、レーシックに適合していることが分かったときは、かなりうれしかったですよ。5人に1人は不適合になるって言われているからね。まーくんみたいにエピレーシック(EPI-LASIK)まで含めると不適合の人は10人に1人くらいになるらしいけどね。

その他、説明会で印象にのこっていることは?

M.やっぱりビュッフェ形式のご飯でしょう(笑)。おいしいホテルの料理をご馳走になりながら立食パーティのようにいろいろお話ができる雰囲気は楽しかったよ。何度でも通いたくなってしまうよ。

と、冗談はさておき、何より神戸クリニックのスタッフの対応が良くて、本当に安心できたってのが大きいかもしれない。

当日の説明会は100名近くの参加者がいて、それぞれがレーシックに対する強い関心を持っているわけで、対応するのも大変だとおもうけど、クリニックのスタッフがいつも笑顔で、丁寧な説明をしてくださったので、「この雰囲気の良い会社なら、任せて大丈夫だろう!」と本気で思いました。

理事長や、執刀医、レーシックカウンセラーの方々が各テーブルを回って、ひとりひとり声をかけて丁寧に説明している姿は、「本当に、参加者のことを思ってくれている」というのが伝わってくるものでしたよ。

I.なるほど、そうだね。僕も神戸クリニックのスタッフの対応の良さはとても気に入っていることです。目の手術を任せるクリニックですから、本当に信頼できるところを選ばないと、ですものね。

じゃあ、まーくんはこの日にエピレーシック(EPI-LASIK)を決意したんですね。その場でそういえば、次の検査予約もしてたね?

M.はい、勢いにのってそのまま予約までしちゃいました。「やる」と決めたんだから、せっかくならその気持ちのまま一気に手術までしたいと思ったんです。

神戸クリニック

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 00:01 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記3】レーシック適応検査(09/06)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.レーシックの適応検査で、いよいよ実際に神戸クリニック広尾を訪れたんだね。行く前や到着したときはどんな気持ちだった?

M.出かける前は「いよいよか・・・」と、少し緊張気味でしたけど、一歩クリニックに入った瞬間、それはなくなりました。なんか病院っぽく無く、とっても暖かい雰囲気があり、それに、先日の無料説明会でお話をしたスタッフの方々が笑顔で迎えてくださったので、とても安心して検査に臨むことができましたよ。

I.一度説明会に出ておいて、心の準備ができていたから良かったね。それで、実際の検査はどうだったの?

M.なんか8台くらいのいろんなマシーンの顎を乗せて検査しましたね。どれがどーいう検査なのかよく分からなかったけど、思ったよりスムーズに短時間で終わってよかったです。

I.その後、カウンセラーから、具体的な手術方法の提案があったと思うけど、やっぱり「レーシック」じゃなく「エピレーシック(EPI-LASIK)」って言われたの?

M.基本的には、目の健康状態は問題なく、レーシックにもギリギリ適応しているって言われたんです。でも、角膜の状態と近視の度合いを考えると、万が一近視の戻りが出た場合に再手術が難しくなるかもしれないってことで、エピレーシック(EPI-LASIK)をすすめられました。

僕も、何があるか分からないと思ったので、エピレーシックでお願いすることにしました。神戸クリニックなら生涯保障(トータルケアサービス)があるので再手術も無料でやってくれるのに、それができなくなるのは怖かったので、仕方ないですね。そこからは、エピレーシック(EPI-LASIK)についての説明を詳しく聞きました。

I.なるほど、レーシックはギリギリだったんだね。エピレーシック(EPI-LASIK)は高度な手術だから懸命な選択だったと思うよ。説明聞いて、どうだった?

M.角膜にフラップ(蓋)を作ってそれをはがしてレーザーを照射し、フラップを元に戻すレーシックとは違い、フラップ部分を完全に切り取ってからレーザーを当てるというのが大きな違いなんですね。

完全に切り取るってことで、その後、目が沁みたり、痛みを感じる期間があるとのことでした。また、レーシックと違って、手術後にもう目標の視力に達しているということはなく、徐々に視力が回復していくそうです。

パソコンの前にいる仕事をしているって伝えたら「2・3日は絶対に無理したらだめです!」って念を押されちゃいました。そりゃそうですね、僕もその期間は仕事をおさえめにして絶対に負担をかけないと決めましたよ。

I.じゃあ、いよいよ手術日も決まって、いよいよメガネ生活終了へのカウントダウンだね。

M.はい、これまでの人生を一緒に歩んできたメガネ君とお別れするのはさびしいけど、夢にまで見た裸眼生活に生まれ変わることができるのは、本当にワクワクします。あとは手術がうまくいくように願うだけですね!


I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 17:21 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記4】手術前の詳細検査(10/18)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.レーシック手術前には、「直前の詳しい検査」があったと思うけど、エピレーシック(EPI-LASIK)の直前検査はどうだった?

M.はい。通常のレーシック(LASIK)の場合は「視力検査をやっただけの検査をしただけだから、すぐに終わったよ」と聞いていたから、そのつもりで行ったんです。でも、いきなり「採血」されたからびっくりしましたよ・・・。献血嫌いの僕ですから、苦手な採血にかなりビビリました・・・。

I.え?採血があったんだ・・・。それは知らなかったなあ。どうしてエピレーシック(EPI-LASIK)受ける人だけ採血しないといけないの?

M.なんか、エピレーシック(EPI-LASIK)PRK(ピーアールケー)の視力矯正手術を受ける人は全員、事前に採血をしてその血液を使って血清点眼というものを作るらしいんです。血液を機械で分離して上澄みの部分(血清)で点眼薬を作るようです。

『血清点眼』はドライアイなどの治療にも処方されているものらしいですよ。
エピレーシック(EPI-LASIK)PRK(ピーアールケー)は角膜の上皮を1度取り除く手術方法で、もちろん上皮は再生能力がある細胞なので再生されるんですけど、その再生を促す点眼薬として『血清点眼』がいいらしいんです。

自分の血液から作成するものなので、どの点眼薬よりも涙に一番近い成分ということみたいでした。

I.なるほど・・・それは知らなかったなあ。勉強になりました・・・。レーシック(LASIK)エピレーシック(EPI-LASIK)は、手術前後の進み方が若干違うんだね。ほかに直前の検査で変わったことは?

M.いや、特になかったですよ。視力検査と乱視の検査をして、その後同意書を提出して手術代金を支払って・・・、という感じでした。
いよいよあさっては、手術当日。なんか緊張してきたけど、何とかなるだろう!って感じでした。


I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 23:34 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記5】手術当日その1(10/20)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.さぁ、いよいよエピレーシック(EPI-LASIK)の手術当日だね。今までの検査とは違い、クリニックに向かうときの足取りや気持ちが全然違ったんじゃない?当日の気持ちの揺れとか、クリニックに到着してからの気持ちとを教えて。

M.「なんか、余裕そう!」って検査のときは思っていましたが、やはり当日になると緊張で朝からビクビクしてました。「つ、ついに目にメスを入れるぅ!」と思うだけで、心臓がドキドキしてきました。

手術の予約時間通りに神戸クリニック広尾に到着して、待合室でそのときが来るのをじっと待っていました。周りにも、同じように手術を待っている人が数人いましたが、その中でも僕が一番カチコチに固まっていたかもしれません。

名前を呼ばれて「ビクッ」としました。いよいよ手術か?と思ったのですが、まずはリラックスするための飲み薬を処方されました。僕が緊張しすぎているからというわけではなく、レーシックを受ける人は全員が飲むそうです。でも、これで「リラックスできる」と言われても、やっぱり緊張状態は変わりませんでしたが・・・。

I.うんうん、そうだったねぇ。僕も半年前のレーシック手術当日を思い出すよ。飲み薬じゃ、どうもリラックスできないよね(笑)。薬飲んだら、もうすぐに手術の順番まわってきたんじゃない?

M.そうなんです。それから数分も経たないうちに、「●●さん!」と僕の名前が呼ばれてしまいました。「つ、ついに来たか!!」と武者震いをおさえて堂々と、手術準備室まで連れて行かれました。

メガネを外されてケースに入れられ(これがメガネ最後の瞬間だった!)、手術用のキャップを被され、そして麻酔の目薬をドバドバっと何種類か点されました。メガネを外した状態なのでまわりも見えず、「もう、どうにでもして!」って感じでした。もう後には引けません・・・。

I.いよいよだね。その準備室からは、看護師の手に引かれて手術室まで向かっていくんだよね。

M.そうですね、全く前が見えないので、手術室の隣まで連れてってもらいました。前の人がまだ手術中とのことでしたので、そこで暫く待つことに。

すると、「バリバリバリ・・・ジリジリジリ・・・

何か変な音がするぞ!

(続く・・・)

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 00:37 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記6】手術当日その2(10/20)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


M.「バリバリバリ・・・ジリジリジリ・・・

何か変な音がするぞ!

看護師さん曰く「前の人が手術中で、レーザーを照射している音」とのことでした。おいおい、こんなに激しい音がするレーザーが、目に照射されるの?それやばいって・・・。生々しい音が聞こえてきたことで、かなり現実的に感じてきました。心臓の鼓動は激しさを増すものの、「でも何とかなるだろう」と、まだこの時点では気持ちには若干余裕がありました。

前の人の手術が終わったらしく、ついに僕の名前が呼ばれました。

手術室に入り、5歩ほど進むと手術台があります。ゆっくりと腰掛けて、手術台に横たわって、顔に防御シートをペタペタと。そして、レーザー台が、僕の目の前に移動してきました。

I.おお、いよいよだね。なんか今のところは、余裕そうじゃない?手術自体はあっという間だから、このまま順調にいったのかな?

M.この時点では、まだまだ気持ちに余裕はありましたね。でも、そこからは話に聞いていた通り、結構生々しいシーンの連続で、どんどん身体が震えていくのが分かりました。

まずは右目から。まずは角膜のふた(フラップ)を切り取る作業からスタート。普通のレーシックだと、フラップをめくるだけであとで戻すんですけど、エピレーシック(EPI-LASIK)ではこの時点で切り取ってしまいます。「さようなら!僕のフラップ君・・・

点眼薬をドバドバ垂れ流しのようにかけられて、あとは正面の赤い点を見てくださいと言われ、その通りに。機械にすごい圧力をかけられ、徐々に右目が固定されていくのが分かります。瞬きを絶対にできないようにするんですね。

そこからはフラップの切り取りです。まだ目の前がぼんやりと見えました。ヘラみたいなもので、せっせと目に傷をつけているのが何となく分かります。「麻酔をしているから大丈夫」って聞いていたのに、微妙に沁みてしまって怖かったです・・・。感覚的には、タマネギを目の前で切っている感じかな。

切り取りが終わったような雰囲気。その後、目の前で「ペロ」っと、フラップがめくられる感触がありました。その後、目の前が一気に真っ白になりました。

「あぁ。神様お願いします!」とあとは願うだけ。

(続く・・・)

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 20:24 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記7】手術当日その3(10/20)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.フラップをめくられて何も見えなくなるときが、一番不安だよね。でもあとは、数十秒のレーザー照射だけ。我慢するのはあと少し!

M.赤い光をひたすら見つめるのですが、これだけでも結構大変なんですよね。目も思ったより沁みているし、結構苦痛を感じていました。

でも、たった1分のレーザー照射を我慢するだけ!と自分に言い聞かせて、何とか耐えましたよ・・・。

気付いたら、看護師さんが僕の手を握ってくれていました。かなり緊張でガチガチになって、体がブルブル震えていたんだと思います。

そんな感じで、最後に水か点眼薬かをドバドバかけられて、右目のレーザー照射が終わりです。「あ〜終わったぁ」と息つく暇も無く、すぐに左目も同じように始まりました・・・。

I.お疲れさんだね!手を握ってもらうなんて、相当震えていたってことだろうな。肩を掴んであげるケースは多いようだけど、手を握るのは稀だって!(笑)

左目も同じように手術が終わって、起き上がったときはどんな感じだった?僕は普通のレーシックだったから、起き上がった瞬間から「おぉ、見えているぞ!」って感じだったんだけど。

M.ええ、僕も「見える!」という感覚がありました!でも、実際はまだ0.2くらいだったみたいですね。もともとがすっごく視力が悪いから、それだけでもかなり変わったという実感がありました。エピレーシック(EPI-LASIK)は、時間をかけて徐々に理想の視力に戻していく手術ですからね。

手術後は、簡単に目の状態を診察して、あっさりと帰されました。そこからが、大変だったんです!

帰り道や電車の中では、目がジンジンしていましたし、涙もボロボロ流れてきます。目の角膜を切ったんだから、麻酔が切れてきたら痛いのは当然・・・って分かっているんだけど、今までに経験したことない違和感で、ちょっとイヤでしたね〜。

家に帰ったら、さすがに何もする気力は起こらず、そのまま就寝。明日の後日検査が順調でありますように。

(続く・・・)

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 23:15 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記8】手術翌日(10/21)

僕の友人まー君が神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けました。手術を受けるまでの経緯や、手術のレポートをインタビュー形式でお送りします!


I.エピレーシック(EPI-LASIK)では、手術後一晩寝るごとに、視力が回復していくようだけど、実際はどうだったの?翌日検診でのことも合わせて教えて!

M.手術後は、目が沁みて辛かったので、寝て寝て寝まくりました。おかげで翌日検診の予約時間に遅刻することに(笑)。でも起きたときは、「ん、かなり見えるぞ!」と手ごたえがありました。いつもメガネをかけていたくらいは見えているので、驚いたんです。

急いで神戸クリニック広尾に駆けつけて、翌日検診の視力検査をしてもらうと、何と、

左:0.9
右:1.2


まで回復していたんです。もっとゆっくり時間がかかるものだと思っていたので、自分でも驚きました。寝れば寝るほど回復するのなら、あれだけ寝たのが効果的だったのかな?

目の状態の検査でも何の問題も無かったようで、ようやくこの時点で「手術は無事成功!」と実感することができました。

とは言っても無理は禁物。数日間はできるだけPCには近づかずに、目を労わりたいと思いました。

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 23:02 * - * -

【まー君のエピレーシック体験記9】手術3日後(10/23)

I.エピレーシックは、手術後に保護用コンタクトレンズをつけていると思うけど、完全に外れるようになるまで、手術後に何度か取り替えたりはするの?

M.はい、僕の場合は、エピレーシック(EPI-LASIK)手術後3日目検診のときに、新しいものに取り替えてもらいました。

もう3日目になると、目の沁みもおさまってきて、PCの画面を見てもギラギラまぶしく感じたり、疲れたりすることは少なくなっています。視力もそろそろ安定してきたかなとも思っていました。

でも、

左:1.0
右:0.7


と、あれ?右目が若干低下しているではありませんか!?

心配になって先生に聞いてみたところ、右目の保護用コンタクトレンズがちょっと汚れていたみたいでした。だから今日、新しいものに変えてもらったんです。するとやっぱり視界が一気にクリアになりました!

徐々に、視力が回復しているのが実感できるので、ワクワクした気持ちになります。あれだけ怖い体験はしましたが、もう「やってよかった!」と思えるようになりましたよ。

I・・・いっしー(当サイト管理人)
M・・・まー君(いっしーの友人)

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから

神戸クリニック
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 12:47 * - * -

【レーシック手術後:206日目】エピ・レーシックの手術

8月に、友人を連れて神戸クリニックの無料説明会に参加してきました。(潜入レポートの様子はこちら

そのとき連れて行った友人M君が、本日、神戸クリニックエピレーシック(EPI-LASIK)の手術を受けて、無事終了したとのことです。

エピレーシックは、レーシックよりも視力回復のスピードが遅いそうですが、「角膜が薄い」「激しい運動をする」「近視が強い」など、レーシックが不適合になった人でも受けられる視力回復手術ですので、レーシックと同じくらい多くの方が受けているようです。

僕の友人も、近視が強いため、エピレーシックを受けることになったのですが、今後無事に良い裸眼視力を取り戻して欲しいですね。本日の手術の様子や、その後の視力回復の状況など、当ブログでレポートしていこうと思いますので、ご期待ください!

さよならメガネ。【レーシックの神戸クリニック】

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * まー君の「エピレーシック」体験談 * 21:16 * comments(0) * trackbacks(17)
このページの先頭へ