<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その1

先日の日記で、『無料説明会に参加します!』と書きましたが、本日8月30日、友人M君に付き添って、神戸クリニックの無料説明会に参加してきました。

無料説明会に参加するのは、僕が実際にレーシック手術を受ける前に参加した3月5日以来です。あの時は僕もレーシックに関しては無知だったので、「失敗したり失明したりするの?」という不安が一杯の状態でした。今日のM君は、当時の僕と同じ心境だったのではないでしょうか。

神戸クリニック無料説明会0830その1今日の会場は、恵比寿の某ホテル。いつも無料説明会は有名ホテルの会議室を使って行うので、わざわざクリニックまで足を運ぶ必要も無く、とても気軽に参加しやすいと思います。

今日は、何と100名もの方が予約して参加されているとのことでした。僕が半年前に参加したときは、3−40名くらいだったと思うので、レーシックそのものの関心度が、随分高まっているということを実感しました。


僕自身は、すでにレーシックを受けて裸眼生活を楽しんでいますし、今日の説明会参加は付き添いということもあるため、非常に余裕を持って臨んでいます。ですので、じっくりと体験レポートをこのブログに記したいと思います。

神戸クリニックの無料説明会は大きく分けて2部構成。第1部では、会議室でレーシックに関する詳しいビデオを15分ほど見た後、実際に神戸クリニックでレーシックを体験した方へのインタビュー講演が行われます。

その後、第2部は部屋を移動して、立食パーティ形式のちょっと変わった説明会です。ホテルの美味しい食事を摂りながら、レーシックカウンセラーや、神戸クリニックの吉田理事長、レーシック執刀医と直接お話ができます。具体的な質問などは、この第2部で行っていくことになります。同時に、「簡易検査」といって、近視・乱視の度合いを測ったり、角膜の厚さを測る検査を希望者は受ける事が出来ます。特に、角膜の暑さは、レーシックの適合/不適合を判断する上で非常に大切なので、この検査は緊張の一瞬です。

それでは、次の日記では「第1部」の模様についてレポートしていくことにします。


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 22:03 * comments(0) * trackbacks(10)

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その2

8月30日に付き添いで参加した、神戸クリニックの無料説明会潜入レポートの続きです。

■説明会第1部 〜レーシックに関するビデオ放映〜

無料説明会の第1部は、会議室の中でレーシックに関するビデオを15分ほど見た後、実際に神戸クリニックでレーシックを受けた体験者が登場してインタビュー形式で講演するという形です。

今日の説明かは100名の方が参加されていましたので、僕もその雰囲気や真剣な眼差しに圧倒されながら、「うんうん、そうだったな」と懐かしく説明会を体験していました。

最初の「レーシックに関するビデオ」では、神戸クリニックの吉田理事長がレーシックに出会ったきっかけに関するインタビューから始まり、実際にある一人の女性の手術当日のドキュメンタリーも流されます。

特に後半の、女性の実体験の部分は、半年前に僕がレーシック前に参加したこの説明会時にはあまり実感が沸かなかったのですが、今日改めてこのビデオを見ると「あぁ、そうそう。手術終わって起き上がった瞬間、パッと視界が開けるように遠くまで見えたよな」と懐かしく半年前のことを思い出しました。

最近は、裸眼生活にすっかり慣れてしまって、「あの一瞬」の感動が薄れつつあったのですが、このビデオをみた事で、レーシック直後の喜びを思い出す事が出来ました。改めて目を大切にしようという気持ちになりましたね。

さて・・・
ビデオ放映の次のプログラムは、「レーシックの体験者」のお話でした。ここでも興味深い話がきけました。続きは次回に。

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 01:30 * comments(0) * trackbacks(2)

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その3

8月30日の、神戸クリニック無料説明会潜入レポートの続きです。

■説明会第1部 〜体験者へのインタビュー〜

レーシックに関するビデオ放映が終わると、次のプログラム「体験者へのインタビュー」です。

実際に神戸クリニックでレーシックを受けられた方が壇上にあがり、司会者の方とのインタビュー形式の講演が行われました。(僕も体験者ですが、僕が喋ったわけではありません・・・)

今日壇上におられる方は、約1ヶ月前にレーシックを受けたようでした。サーフィンをする機会が多く、これまでコンタクトレンズで随分苦労していたところ、レーシックをしって「勢い」で手術まで受けてしまった結果、現在は裸眼で快適にサーフィンなどのスポーツを楽しまれているということでした。

確かに、サーフィンだけでなく、激しいスポーツをする人にとって、コンタクトレンズやメガネはどうしても不利ですし、邪魔になってしまいます。「裸眼で遠くまで見えたらなあ」というのは、ほとんど全ての人の願いではないでしょうか。

僕にとってもそうでした。スポーツをするわけではありませんが、日常生活の中でもそうですし、帰省や旅行時にコンタクトのケア用品セットを持ち歩くのは億劫でしたので、裸眼生活になり、コンタクトレンズから完全に離れる事で、「いままで随分と負担がかかっていた(時間的にも金銭的にも)んだなぁ」と改めて思ったのでした。

 ★コンタクトレンズとレーシックとの比較はこちらのページが参考になります。
  ┗ コンタクトレンズとレーシックどちらがお得?

ちなみに、今日体験談を話してくださった方は、「レーシックについて、事前に詳しく調べすぎなかったことが、逆に不安な気持ちを持つ前に手術まで至ることができた理由だったかも」と言っていました。これは面白い発見ですね。「失敗が・・・失明が・・・」と心配すればするほど、ネットで色々調べ物をして、さらに不安になって・・・というスパイラルに陥るケースもあります。逆に調べるのは最低限にして、あとは先生にお任せ・・・というスタイルも、面白いなと思いました。

この方のコンタクトレンズでの失敗談なども話されていて、「レーシックをやって、裸眼生活になって、本当に良かった!」という気持ちが強く伝わってくる講演でした。

以上で、無料説明会の第1部は終わりました。この会議室の隣の部屋で、いよいよお待ちかねの第2部が始まります。

続きは次回・・・


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 23:49 * comments(0) * trackbacks(4)

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その4

8月30日の神戸クリニック無料説明会の潜入レポートの続きです。

■第2部 立食パーティ形式の懇親会 〜気軽に質問〜

懇親会の様子(レーシック無料説明会)無料説明会の第2部は、第1部の隣の部屋に用意された、豪華立食パーティ形式の懇親会です。9つのテーブルに分かれて、美味しいホテルの料理を食べながら、神戸クリニックのスタッフ・レーシックカウンセラー・手術担当の執刀医・吉田理事長とお話をする事が出来ます。


無料説明会の一番大切で、そして楽しい時間と言える事ができるでしょう。実際、僕が3月に参加したときも、スタッフに質問攻めをする一方で、美味しい料理を何度も取りにいって、スイーツまで手をだしてお腹が苦しくなった記憶があります。

それはさておき、ここで一番大切なことは、レーシックに関する疑問・質問を直接スタッフにぶつけることです。講演形式の説明会では、どうしても説明が一方通行になりがちです。その点、このパーティ形式の説明会なら、気持ちもほぐれていますし比較的ラクな感じで質問のやりとりができます。

同伴したM君も、レーシックとエピレーシック(EPI-LASIK)との違いなどを真剣に聞いていました。僕もエピレーシック(EPI-LASIK)については詳しく知らなかったので、とても勉強になりました。

半年前に僕が手術前にこの説明会に参加したときも、スタッフの方に「レーシック後の失明の可能性」「手術の失敗」「合併症」「視力の戻り」「老眼について」などなど、あふれる興味をおさえきれず、たくさん質問していたことを思い出します。やはり自分の大切な「眼」をあずける手術ですので、不安なことは全て拭い去ってから、手術に臨みたいですよね。

今日は100名近くの方が、ひとつの会場の中で真剣な質問合戦を繰り広げており、大変な盛り上がりを見せていました。神戸クリニックのスタッフも総動員でいらしていたようですが、参加者の熱意にうれしい悲鳴を上げていたかもしれませんね。

それでは、続きは次回をお待ち下さい。


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 00:29 * - * -

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その5

8月30日の神戸クリニック無料説明会の潜入レポートの続きです。

■第2部 立食パーティ形式の懇親会 〜簡易検査〜

神戸クリニックの無料説明会に参加するメリットのひとつとして、「レーシックの適合性を見るための、簡易検査がうけられる」というのが挙げられます。

レーシックは、実は、事前検査の段階で5人に1人の割合で不適合になってしまいます。その理由は、「強度の近視」「眼の病気」「角膜の厚さの不足」など様々です。詳しくは、「レーシックの適合性について」iconをご覧いただくと参考になると思います。(レーシック不適合の場合でも、エピレーシック(EPI-LASIK)などの視力矯正手術は数種類ありますので、絶対に受けられないという訳ではありません)

今回、「簡易検査」で調べてもらう項目は2つ。「近視・乱視の度合い」と「角膜の厚さ」です。

友人のM君は、角膜の厚さは問題なかったのですが、「近視・乱視」がともに強く、詳細な事前検査を行ってから、レーシックの適合性を判断するとのことでした。非常に微妙な判定ではありますが、それだけ安全性を追求して厳しい判断基準を設けているということなのだと思います。

半年前を振り返ってみると、僕も「もし不適合だったらどうしよう・・」という不安が頭の中にありました。しっかりお金も用意して、気分も高まってきて「よし、レーシックを受けるぞ!」っていうときに、不適合といわれてしまうと意気消沈してしまうからです。僕の場合は、近視の度合いも角膜の厚さも問題なく、幸いなことにレーシックを受けることができましたが、M君にも無事に裸眼視力を取り戻していただきたいものです。

次回は第2部のフィナーレ。あのお楽しみの・・・

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 00:50 * comments(0) * -

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その6

8月30日の神戸クリニック無料説明会の潜入レポートの続きです。

■第2部 立食パーティ形式の懇親会 〜美味しい食事を楽しみながら〜

無料説明会。美味しい食事。神戸クリニックの無料説明会に欠かせないもの。それは、何と言っても「ホテルの美味しい食事付き」ということではないでしょうか。今日、参加する際も、「今日もいっぱい食べよう」と気合を入れたものです。半年前に参加したときと違い、今回は付き添いですし、簡易検査などは受けませんので、ゆっくり食事を楽しみながら潜入レポートができました。


神戸クリニックの吉田理事長もおっしゃていましたが、レーシックについての不安や疑問を一つ残らず質問してもらうために、試行錯誤を重ねて、このような立食パーティスタイルの説明会という結論に達したようでした。かつては講演形式でやっていたものの、やはり手を挙げて質問する人は少なく、説明会の意義を感じられないことがあったようなのです。

たどり着いた結果としての、今の無料説明会は、まさに「気軽に参加しやすい」「どんな質問でも、近くにスタッフがいるのでしやすい」と、レーシックを考えている人にとってはとても大きなチャンスなのではないでしょうか。現に僕も、半年前にこの立食パーティの時間に、スタッフに色々と不安な点を質問することで、随分疑問点がクリアになったことを覚えています。

何よりも、「ホテルの食事が美味しい!」というのは、大きなポイントでしょう。これなら、友人を連れて何度でも参加したいという気持ちになってしまいます・・・。

神戸クリニック
最近は、すぐに満席になってしまう人気の説明会の日程を、まず確認してみましょう!

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 14:42 * comments(0) * -

【潜入レポート】神戸クリニックの無料説明会:その7

8月30日の神戸クリニック無料説明会の潜入レポートの続きです。

■最後に・・・ 適応検査の優先予約が出来ます。

第2部の「立食パーティ形式の懇親会」が終わった後は、第1部の会場だった会議室へ一旦戻って、今後レーシックを受けたい人のためのスケジュールの説明が行われます。

レーシックは「明日手術を受けたい!」と言っても受けられるわけではなく、

 ・適応検査を予約
 ↓
 ・適応検査を受診
 ↓
 ・直前の詳細な検査を受診
 ↓
 ・手術当日

・・・というように、手術当日までに2度の検査を受ける必要があります。特に、最初の適応検査は、レーシックに適合しているかどうかを判断するための、大変重要な検査です。今回、無料説明会で行った2つの簡易検査だけでなく、幾つもの視点から、レーシックへの適合性をチェックします。

(僕の適応検査当日の様子は・・・こちら

この潜入レポートの最初にも書きました通り、この当日の説明会には約100名の方が来場されていました。つまり、それだけレーシックへの関心度が高まってきているということです。神戸クリニックでも、なかなか近い予約がとりづらくなりつつあるのが現状のようです。

そんな中、朗報があります。この無料説明会に参加した場合は、その会場で適応検査の予約ができるのです。

もちろん、ネット上からも適応検査のページから予約ができますが、どうしても回答までに数日がかかってしまう可能性もあります。その点、説明会当日の優先予約を利用すれば、その場で一番近い日程で予約を確定してくださるのです。

僕が付き添いしたM君も、数日後の適応検査の予約をその場で取っていました。レーシックを受けられるか不安を感じているようでしたが、検査を受けるまでは完全に無料ですし、眼の健康状態も色々教えてくださるので、本人には何のリスクもありませんし、むしろ積極的に受けてみるのが良いと思っています。

僕も実際に、無料説明会に参加⇒適応検査を予約、という流れからスタートし、3週間後には裸眼視力を手に入れていました。レーシックに興味があるけど不安な人にとっては、王道なのかもしれません。

これで、「無料説明会潜入レポート」は終了です。今回付き添いしたM君が実際にレーシックを受けたかどうか・・・それは追ってレポートしたいと思います。

神戸クリニック
◆最新のスケジュールは↑からチェック。最近はすぐに満席になるようです。

【期間限定】生涯保障レーシックのお申し込みはここから。25万円特別クーポン!
◆↑このクーポンは、現在神戸クリニックが行っているキャンペーン価格よりさらに3万円安くなります。期間限定の公開のようなので、今のうちにプリントアウトを!


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * 【無料説明会潜入レポート】 * 12:58 * - * trackbacks(1)
このページの先頭へ