<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
「いっしーのレーシック体験談」 (神戸クリニック・広尾にて
     ●レーシックの説明会に参加 │ ●レーシックの適応検査
     ●レーシック手術まで    │ ●レーシック手術当日
     ●レーシック手術後1週間  │ ●レーシック手術後1ヶ月まで
     ●レーシック手術3ヶ月まで │ ●レーシック手術後6ヶ月まで
     ●レーシック手術1年まで  │ ●レーシック手術後1年以降
     ●無料説明会潜入レポート  │ ●クリニックの選び方のヒント
     ●[new!]まー君のエピ・レーシック体験レポート
         (その他のカテゴリについては右の目次をご覧下さい)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

【レーシック手術後:171日目】半年検診に行ってきました。

今日は、視力回復手術レーシックを受けて約半年がたったということで、半年後検診のため神戸クリニック広尾を訪れました。前回の3ヶ月検診から久しぶりの訪問です。いつもクリニックを訪れるときは、何かワクワクした気持ちになります。クリニック内の温かい雰囲気がそういう気持ちにさせるのかもしれません。

定期健診は、いつもとても迅速に行われます。2種類の機械を使って目の現在の状態を詳しくチェックして、その後は視力検査で視力の安定度合いをチェック。そして澤井院長iconとの問診・目のチェックを終えたら終了です。10分程度で終わります。

視力検査の時は、いつもドキドキします。「視力が下がっていたらどうしよう」「そういえば、最近目を酷使しているな・・・」期待と不安が入り混じる瞬間です。

今日の視力検査は、まず右目は、かなり絶好調で下のほうまでかなりはっきり見えました。「はい、1.5ですね」と、1.5を測った時点で言われたのですが、どう見ても2.0まで見えるような気がしましたので『その下も測ってください!』と、こちらから要求。無事、右目は2.0を獲得しました。そして左目は、残念ながら2.0までは見えなかったのですが、1.5は楽々クリア。視力がしっかり安定しているようで安心しました。

次は澤井院長iconの検診。いつもなら「何も問題ないですよ」と僕は言うのですが、今日は「季節的なアレルギーか、充血や乾燥を感じるときがあります」と伝えました。じっくり目の様子をチェックしていただきましたが、眼球自体には問題は無いとのことでしたので、一安心。「ヒアロンサン」という保湿のための目薬を久しぶりにもらいました。

以上で、定期健診は無事終わりました。ひとことでまとめるとすると、「レーシックを受けて半年間、ほとんどトラブル無く快適な裸眼生活を楽しめている」となるでしょうか。

今となっては、毎朝毎晩、コンタクトを着けたり外したりしていた当時の日常の事が、もう思い出せないくらいになっています。「あんな面倒な作業を毎日やっていたのか」と思ってしまうほどです。裸眼で生活できるようになったので、目の健康の面でも、時間的コストの面でも、たくさんのメリットを享受できていると感じています。

ただ注意したいのは、「裸眼になれたことのありがたさや喜びは、忘れたくない」ということです。せっかく裸眼生活を取り戻したのに、今の状態を「当たり前」と思ってしまって目を酷使続けてしまうことでしょう。この点にはいつも注意しながら、今後の生活を送っていきたいと思います。

次にクリニックを訪れるのは、術後一年の検診でしょうか。その時も、今と同じような順調な裸眼生活を送っていることを期待しながら・・・。

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 23:57 * comments(0) * trackbacks(4)

【レーシック手術後:165日目】夜遅くまで飲んでも・・・

コンタクトレンズを使っていた頃、夜遅くまで居酒屋で飲んでいたとしたら、目が乾燥してコンタクトレンズが目に貼りつきそうな感じがします。目薬をささなければ、ショボショボしてとても嫌な感じです。コンタクト使用者の方は、同じような体験を良くされているのではないでしょうか。

「夜遅くまで遊んでいても、目は元気でいたい!」そんな場合はレーシックは良いかもしれません。僕が視力回復手術レーシックを受けて裸眼になったときに感じたメリットのひとつが、この「夜になっても目が疲れないし乾かない」ということでした。

レーシックを受けた後に起こる可能性がある合併症のひとつに「ドライアイ」があるのですが、僕の場合は幸いなことに、目が乾いて辛いということはほとんどありません。一日中パソコンの前に座って仕事をしていても、目薬は全くといっていいほど欲しませんし、夜、外で飲んでいても目がなかなか疲れてこないんです。

実は今晩も、夜中1時半くらいまで飲んでいたのですが、コンタクトレンズを使っていたときほどの目の疲れやショボショボ感はありませんでしたし、コンタクトが貼りつく心配もいりません。快適に飲み会を楽しむ事が出来ました。

裸眼生活になると、こうした日常の中から、「本当によかった!」と思えることが一杯あります。これからも、小さな気付きでも、裸眼生活の素晴しさをしっかり実感していきたいと思います。こんな完璧な手術をしてくださった、神戸クリニックさんに感謝です〜。

【期間限定】生涯保障レーシックのお申し込みはここから。25万円特別クーポン!
⇒今ならお得なクーポンが印刷できます。期間限定の利用ですので、早めに適応検査だけは押さえておいたほうが良いかもしれませんね。最近はレーシックの知名度もあがり、予約が一杯になることが多いようですので!


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 02:19 * comments(0) * trackbacks(7)

【レーシック手術後:162日目】周りに、体験者が増えてきた。

先日の「無料説明会潜入レポート」でも触れましたが、ここ最近、レーシックに関心を持っている人が急激に増えています。そして、僕の周りにも「レーシックを受けた!」という人が徐々に増えていること感じます。

先週末は、友人の結婚式の2次会に参加したのですが、そこで久々に再開した方も「昨年末にレーシックを受けた!」とおっしゃっていました。

また、その日の主役「新婦さん」も、近々レーシックを受けることに興味がある様子でした。夫婦揃って近視のようですので、一緒にレーシックを受けにいくようなことが実現するのかもしれませんね。

「少しずつ増えてきた!」とは言っても、まだまだ日本国内では10万症例未満。アメリカで年間100万症例があるのとはケタが違います。でも、僕はレーシックを受けて正直に思ったことは「これは、近親の人、みんな受けたらいいのに」ということでした。きっと、日本国内でも、いつの間にかレーシックが当然の選択肢となっていくのでしょう。

裸眼生活は、本当にラクで快適です。一人でも多くの人が、せっかくの機会にレーシックを受けたらいいのにな・・・と思っています。

下記は、おすすめのクリニックのクーポン券です。

◆僕がレーシックを受けた神戸クリニック
 ┗ 手術費用28万円が、今なら25万!生涯保障レーシックで視力回復
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 02:09 * - * -

【レーシック手術後:148日目】無料説明会に、参加します。

近々、神戸クリニックの無料説明会に参加します!

「え、レーシックを受けて順調なのに、どうして?」

と思われた方もいるかもしれません。そうです、確かに僕は3月にレーシックを受けて以来、順調な裸眼生活を楽しんでいます。再び無料説明会に参加する意味なんて無いはずです。

でも参加します。先日レーシックの話題で盛り上がった友人が、ついに無料説明会への参加を決心したので、僕も同行することにしました。どの日程のものに参加するかは明らかにいたしませんが(笑)、暑い季節のうちに参加することになりそうです。

半年前、3月に無料説明会に参加したとき(当時の様子)は、僕自身もレーシックについての知識はほとんどありませんでした。「眼の手術だし、失敗したら・・・」「失敗して失明なんてあるの?」「その後の視力の低下や合併症は?」という不安を抱えて参加し、その場で色んな質問をして不安を解消していくのに必至でした。今回参加する僕の友人も、同じ気持ちで参加することと思います。

今回は、僕は、とても気楽な立場で参加できますので、せっかくこうしたブログを書いているワケですから、今の視点から無料説明会を楽しみ、そして学んでこれたらと思っています。その様子は、またこの日記でアップいたします!

神戸クリニック
★最新の日程はこちらからご確認下さい。
手術費用28万円が、今なら25万!生涯保障レーシックで視力回復

レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 23:55 * - * -

【レーシック手術後:143日目】何よりも、生の声

友人とランチを食べているときに、レーシックの話になりました。その友人は前々からずっと興味を持っていたようですが、僕の経過が順調なこともあって、最近は特にレーシックへの興味が強くなっているようでした。

僕もレーシックを受ける前は不安だらけでした。「失敗はないのか」「痛いのでは?」「失明することはあるのか?」など、聞きたいことは山ほどありましたが、残念ながら身近にレーシック体験者がほとんどいなかったので、直接生の声を聞くことはあまりできませんでした。

友人が不安に思う気持ちはとてもよくわかります。だから、出来る限り、僕自身が体験したことは、正直に伝えたつもりです。手術当日、目の麻酔をしてから手術台への移動、そこでの手術の様子など・・・リアルな話になってしまいますが、興味のある人が一番知りたい部分だということは、僕が一番分かっているのです。(詳しい手術当日の日記

僕にとって、「生の声」を聞く場面といったら、神戸クリニックの無料説明会でした。執刀医の先生や、体験者も参加されていますので、不安な点は正直に質問しやすい雰囲気でした。今でも「無料説明会に参加したことで、最後に背中を押してもらった」と思っています。

レーシック体験者が身近にいない・・・そんな時は、神戸クリニックの無料説明会に参加されてみてはいかがでしょうか。(美味しいご飯も付いてきます。これが目的だったりして・・・)

神戸クリニック
【期間限定】生涯保障レーシックのお申し込みはここから。25万円特別クーポン!


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 23:11 * - * -

【レーシック手術後:140日目】手術までの日々を楽しく感じる方法

神戸クリニックのホームページの体験談を見ていると、タレントの乙葉さんの最新体験談がアップされていました。

体験談:著名人の体験談

そこに書いてあった「手術前は楽しみでした」という一言に、僕はとても共感しました。僕も、恐がり小心者でありながら、手術前は実はワクワクした気持ちになっていたのです。

「目の手術なのに、楽しく待てるなんて本当?」
「失敗とか失明とか恐いから、楽しみだなんて、ウソじゃないの?」

そう思われた方もいるかもしれません。確かに手術は恐いし心配ですが、考え方次第では手術の日までを楽しみに過ごす事もできます。その方法を紹介します。

■1.レーシックの体験談をたくさん読んでみる。

僕の体験談でも結構ですし、他のブログでも良いでしょう。レーシックの体験談を読んでいくと、「失敗した」「失明した」という声がないことに気づきます。それだけ安全性が高く、視力回復の効果がすばらしいことを、読み進めていくと感じることができます。

■2.無料説明会に参加してみる。

僕は神戸クリニックの無料説明会に参加しました。レーシックの安全性やその効果、そして体験者や執刀医との交流もできるため、大変有意義な会でした。その場で「簡易検査」も受けられますので、レーシックの適正もある程度分かります。この無料説明会に参加したことで、僕にとってのレーシックへの扉が大きく開いたと実感しています。

■3.カウンセリング・術前検査を受ける

僕が受けた神戸クリニックの適応検査では、専門カウンセラーから個別にレーシックに関するカウンセリングを受け、執刀医の先生ともじっくり話す時間を設けられます。その時に先生がおっしゃった「レーシック、絶対いいよ」という一言によって、僕はレーシック当日を迎えるのが楽しみになったのです。スタッフのみなさんはとてもフレンドリーで、「手術だから恐い」という雰囲気はまったく感じられません。むしろ、「早くレーシックを受けたい」と思ってしまうくらいです。

以上の過程を踏み越えていくことで、レーシックが徐々に楽しみになり、「早く裸眼生活を体験してみたい」と思えるようになってきます。

パソコンの前だけで、「レーシックって恐いな、痛いんだろな、失敗したらどうしよう」と考えているだけでは、想像上の恐さが増幅していきます。やはり、興味を持ったらまず行動をしていくということが、大切なのではないでしょうか。僕も最初の一歩を踏み出したことで、その3週間後には裸眼生活になっていました。ぜひ、興味をもたれたらどんな形でも結構ですので一歩踏み出してみてくださいね。
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 23:57 * - * -

【レーシック手術後:137日目】旅行とレーシック

あるブログに「旅行とレーシック」という記事がありました。海外旅行が好きな方が、レーシックを受けた理由や体験談が書かれていました。

海外旅行は僕も大好きですので、書いてあることはとても共感。旅行の移動中、目が疲れてしまってもコンタクトレンズだったら不便なことが多いですし、少し眠るために外すのも面倒です。また、コンタクトのケア用品をいつも持ち歩くのもとっても大変なことです。

僕がレーシックを受けようと思った理由のひとつもまさに「旅行!」でしたので、やはり同じ思いで手術に臨んだ人も多い事を実感しました。

半年前にレーシックを受けて以来、長期間の旅行にはまだ出かけていませんが、数日間帰省するときだけでも、裸眼であることのありがたみを本当に実感しています。秋には海外旅行が控えていますが、レーシック手術後初の旅行、とても快適な旅になりそうで楽しみです♪

◆神戸クリニックの体験談:Quality of life(生活の質の向上)
【期間限定】生涯保障レーシックのお申し込みはここから。25万円特別クーポン!
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 11:56 * comments(0) * trackbacks(3)

【レーシック手術後:135日目】混みあっている時期は、お早めに!

僕が神戸クリニックの無料説明会を受けたのが3月の上旬。そこから適応検査を経て実際に手術を受けたのは3月の下旬になっていました。

説明会に参加した時点で、「よし、今すぐにでもレーシックを受けたいぞ!」と気持ちは高ぶったのですが、実際に予約を入れようとすると数週間先まで空いていないというのが現状でした。それだけ、レーシックの安全性・信頼性が認められ、多くの人に知れ渡っているということでしょう。

僕の中では3月なら、それほど混んでいないのかなと思ったのですが、それは甘かったです。

ということは、今の時期、社会人も夏休みを徐々に取り始めているころですので、レーシックを受ける人もかなり多いのではないでしょうか。6月にもらったボーナスを、ここまで取っておいた人も多いはず。

となると、無料説明会から手術までの期間が、かなり長くなってしまう可能性があります。この期間はコンタクトの人はめがね生活を余儀なくされますので、できるだけ早く手術をしたいもの。

それならば、やはり大切なのは先手必勝の予約ではないでしょうか。無料説明会の予約を入れると同時に、適応検査の日程も抑えておけば、最初の段階で待たされることは少なくなるでしょう。検査が早ければ自ずと手術までの日程も短縮できます。

「手術、恐いな」「失敗とか失明とかあるんだろうか・・・」といった悩みは誰の中にもあります。僕もそうでした。でも、無料説明会を受けてレーシックのことをある程度知ってからはむしろ「早く受けて裸眼生活になりたい!」という気持ちのほうが強くなりました。最初の一歩を踏み出すことで、こうも気持ちが変わってくるんだ、と驚いたものです。

この夏にレーシック!と考えている方は、早め早めの日程調整をしてみてはいかがでしょうか?

*僕がレーシックを受けた神戸クリニックのクーポンです。何種類かのクーポンが出回っているようですが、これが今のところ一番安くなっています。
 ┗ 【期間限定】生涯保障レーシックのお申し込みはここから。25万円特別クーポン!

いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 01:14 * - * -

視力矯正手術にもたくさんの選択肢がある事を知ろう

昨日の記事では、「レーシックの適応検査の時点で、受けられないと判断される人も多い」ということを書きました。

僕も、「よし、レーシックを受けるぞ!」と気合が入っていただけに、適応検査の結果がでるまではとても緊張していました。無事、目の状態も良く、レーシックが受けられたことは、とても幸せなことなんだと実感しています。

さて、それでは、「レーシック不適合」になったとしたら・・・、もう視力矯正手術は受けられないのでしょうか?

いえ、そんなことはありません。各クリニックによって、様々な種類の視力矯正手術の選択肢があります。しっかりカウンセリングを受けて、ご自身に合った選択をしていくことを願っております。

下記のクリニックは、しっかりしたカウンセリング体制が整っており、レーシック以外の手術のラインナップも充実しています。


■神戸クリニック

僕が視力回復手術レーシックを受けたクリニックです。生涯保障(トータルケアサービス)が何よりも魅力的です。

神戸クリニックで受けられる視力矯正手術は、

エピレーシック(EPI-LASIK)
PRK(ピーアールケー)
フェイキックIOL(Phakic IOL)

があります。適応検査時の入念なカウンセリングで、納得いくまで相談ができますので、それぞれの特徴やメリットなどをしっかり聞いてみましょう。

【期間限定】本気でご検討の方にお得なクーポンをプレゼント!
↑ホームページ上のキャンペーン価格より、さらに安くなるチケットです。


レーシックのおすすめサイト
▲他のレーシック体験サイトはここから
いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 22:55 * - * -

【レーシック手術後125日目】今日も裸眼生活は、快適です。

今日から8月。レーシックの手術を受けたのが3月下旬でしたので、もう4ヶ月以上が経過したことになります。

先日の3ヶ月検診では、両眼の視力が1.5以上で、手術後一番の見え具合でした。

レーシック手術後に起こる可能性のある、合併症や「近視の戻り」なども今のところ一切無く、何の問題も無い裸眼生活を楽しむ事ができています。ドライアイさえ無いというのは、本当に快適!

とは言っても、このまま油断するわけにはいきません。

中学生〜高校生のときに急激に視力が低下していったということは、その時が何か眼に負担をかけるものだったのでしょう。その後も視力は下がり続けていましたので、様々な要因が合わさって、徐々に近視になっていった訳です。

せっかくレーシックで良い裸眼視力を手に入れたとしても、また以前と同じように眼に負担をかけつづけていたとしたら、「近視の戻り」がいつ襲ってくるか分かりません。それだけは、絶対に避けたいところですね。

仕事の関係で、パソコンなどから離れる事はできませんが、眼を労わる生活は、常に意識しておきたいと思います。


僕がレーシックを受けた神戸クリニックは、万が一、近視の戻りが起こったり合併症の治療が必要になった場合のために、生涯保障(トータルケアサービス)が充実しています。この制度があるために、安心して神戸クリニックに任せられたと言っても良いくらいです。どんな保障なのか、ぜひチェックしておいてくださいね。


手術費用28万円が、今なら25万!生涯保障レーシックで視力回復
⇒神戸クリニックの割引券です。現在、サイト上に出ている一般公開のキャンペーンよりさらに安いお得なクーポンです。今のうちに入手を!

いっしー * レーシック手術後〜6ヶ月 * 22:41 * - * -
このページの先頭へ